自然の美しさを表現するのって難しい

取材旅。

今回は夏の長野。
長野は自然豊かで、味わい深い建物や風景の宝庫。

ですが、今日の話はちょっとマニアック。

温泉に入った時のことです。

感染症対策で人数制限されている事もあり、広い大浴場は私だけの貸し切り状態でした。
で、ふと、乾いた石のタイルの上の排水溝へ向かって伸びるお湯の一筋の流れが目に留まりました。

その伸びる流れの様子が大好きな漫画「風の谷のナウシカ」に出てくる粘菌みたいで、
湯舟のお湯を手ですくって流して、更に伸びて行く流れを眺めてニンマリ。
貸し切り状態だからできる水遊び(笑)

水が低い所へ流れて行くのは当たり前。
そう。
自然界にはかならず秩序と法則があります。

例え人の手が自然界に介入して破壊したとしても、その破壊にも法則性が存在する。

私は苔むしたり風化したり、経年劣化をミニチュアで表現する事が大好き。
でも、その経年劣化や苔のつき方にも法則性があります。
その場所に普段どの方向から日差しや雨風が当たる事が多いのか。
どんな場所に建っているのか。

私はまだまだ自然の秩序や法則への観察力が足りていないなあ。
自然がもたらす風合いの美しさに、もっももっと迫りたい。

そんなことを考えていたら、ほんのイタズラ心で始めたお風呂での水遊びなのに、
いつの間にか真剣そのものになっていました。

雨が降った時の水の流れ方と、日差しの当たり方。
それを計算し尽くしたところに、説得力のある美しい表現がある。

そう考えたら、林の中のアスファルトの道に這う苔にも真剣に見入ってしまいました。

アスファルトに生えている苔も、雨水の流れや日差しと関係があると思うと
興味深くありません?
でもってキレイですよね~ この時は雨上がりだったので、より美しくて・・・
道端に座り込んでまじまじと観察してしまいましたよ~

そうだ。
私が大好きなツタの葉っぱも、自然の法則に従って伸びていくのだわ。

ああ、どうしたら、自然の美しさをミニチュアで表現できるんだろう?

あれこれ考え始めると妄想が止まらなくて・・・
知らない人が見たら、挙動不審な変な人だな。

これってもう職業病みたいなものだね(笑)
お医者様にも治せません!

メルマガを始めました。
ご登録はこちらからよろしくお願いいたします

関連記事

  1. グループ展「時のかたち」のお知らせ

  2. NHK「所さん!大変ですよ」(7/15放送)、銭湯のミニチュ…

  3. ミニチュアオーダーメード制作事例 「お父様の道具箱・昔ながら…

  4. オリジナル作品「天上の白い町」~設計図なしでの挑戦~

  5. ミニチュアオーダーメード制作事例・美容院店舗

  6. NHK「所さん!大変ですよ」VOL.3___銭湯のミニチュア…

お問い合わせ

お知らせNEWS

2021年10月17日
【新情報】ユニチャームのハンディワイパー「ウェーブ」のCMに出演
2021年7月16日
7月21日~23日展示会を開催します (八王子市内 京王線高尾山口駅前)
2021年7月15日
NHKプラスで7/22PM7時迄視聴可:NHK「所さん!大変ですよ」(7/15放送)、銭湯のミニチュア制作エピソード
2021年5月16日
高尾山の麓エリアで、アート村を始める物件を求めています
2021年3月13日
メルマガを始めました
2021年3月13日
アーティストサポーター募集
2020年12月5日
12月5日火曜日の夕方のNHK首都圏ネットワークの中で生中継