ミニチュアオーダーメード制作事例 「お父様の道具箱・昔ながらの自転車屋さん」その2時 

お父様が営んでこられた自転車屋さんのミニチュア。

「お父様の道具箱」

先ずは道具箱本体。

形を作った後、使い込んだ風合いを出すために、着色してはやすりで磨き、また塗るを何度も繰り返し。

これはお父様が重ねてこられた年月を、早送りで数時間で凝縮する作業です。
仕事をする姿を想像しながら進めていきました。

使い込まれた木のテカリ具合を加えて完成。
次は工具類だけど、さてさて・・・

素人の私には、自転車修理で使う工具類の知識はありません。

ネットで画像検索するところから始めました。

頂いた資料の写真と見比べながら、これは何に使うものなんだろう?
ご依頼者のお父様は、どのタイプのものを愛用されていたんだろう?
どんな材料を使えば、工具の質感や使い込んだ風合いを表現できるのだろう?

形を整えたり細工するのに扱いやすい材料を決めるのに、あれこれ試してはボツ。
細工している最中に破損してしまいボツ。

などと書くと大変に思われるかもしれませんが、これって結構楽しいんですよ。
最適な素材が見つかって、目指していた質感が表現できた時の喜びがとても大きくて。

私ってもしかして天才?

な~んて。。。
数時間後には、まだまだだな~って落ち込むんですけどね(笑)

試行錯誤の上、ようやく納得のいく工具類が完成。
今後、こういう職人さんの道具類の登場する作品にも生かせそうだと、手ごたえのようなものも得られました。

職人さんの使い込んだ道具って、美しいなぁ。
もっと作ってみたい。

さて、次はお店の看板です。

これも課題がひとつ。

看板の文字は、パソコンのフォントにはない独特のデザイン文字。

う~ん。
これはレタリングで手書きするしかないね。

大事な大事な心象風景のひとつだから、責任重大だぞ?
ここでも写真とにらめっこです。

紙に文字をレタリングで描き、工作材で看板の形を作ったら、長い間雨風にさらされた風合いを出す
汚しとかウェザリングと言われる作業です。ここをしっかり丁寧にしておかないと、
お父様が重ねてこられた時間が感じ取れなくなるので、とても大事。

またまた写真とにらめっこして、どう汚せばよいかを読み取っていきました。

こうやって、作品を構成する小物たちが出来てくると、面白いですね。
私は一度も足を運んだことのない見知らぬ場所なのに、匂いとか空気感、
そこにあった人の営みのようなものが感じられてくる。

ミニチュアドールハウスを制作している中で一番、楽しくてゾクゾクする瞬間です。

いつか大事な思い出を私も託してみたいな。

そう考えてらっしゃる方は、是非、心の中の素敵な思い出のエピソードも
たくさんお聞かせくださいね。
その大切な物語が、作品に命を吹き込んでくれます。

思い出の風景をミニチュアドールハウスに残すというご依頼は、お客様との二人三脚だとも言えます。
一緒に素敵な物語を描いていきましょう。

次回は「お父様の道具箱・昔ながらの自転車屋さん」完結編です。

メルマガを始めました。
ご登録はこちらからよろしくお願いいたします

関連記事

  1. 「雨のバス停」~バスを待つ旅人のお話~ ミニチュアオーダーメ…

  2. ミニチュアオーダーメード制作事例・美容院店舗

  3. オリジナル作品「天上の白い町」~設計図なしでの挑戦~

  4. 文豪ゆかりの築100年の古民家制作

  5. 個展開催中です♪ 時空を超えるミニチュアドールハウス

  6. グループ展「時のかたち」のお知らせ

お問い合わせ

お知らせNEWS

2021年10月17日
【新情報】ユニチャームのハンディワイパー「ウェーブ」のCMに出演
2021年7月16日
7月21日~23日展示会を開催します (八王子市内 京王線高尾山口駅前)
2021年7月15日
NHKプラスで7/22PM7時迄視聴可:NHK「所さん!大変ですよ」(7/15放送)、銭湯のミニチュア制作エピソード
2021年5月16日
高尾山の麓エリアで、アート村を始める物件を求めています
2021年3月13日
メルマガを始めました
2021年3月13日
アーティストサポーター募集
2020年12月5日
12月5日火曜日の夕方のNHK首都圏ネットワークの中で生中継