ミニチュアオーダーメード制作事例 「お父様の道具箱・昔ながらの自転車屋さん」

ホームページよりご依頼頂いた作品です。

お父様が長年営んでこられた自転車屋さんを閉店することになり、建物もマンションに
建て替えられるので、ミニチュアでその姿を残してあげたいというお話。

こういうご両親のためにプレゼントして差し上げたいというご相談はとても多い。
子供さんにしてみれば、自分達を育て上げるために汗水流して働く親の背中をずっと
見てきたわけです。
自身の子供時代の思い出と共にあるものだから、なくなってしまう寂しさは
ご両親と同じくらい、いやもしかしたら、それ以上のものがあるかも。
それを思うと、私も胸がきゅんとなります。

今回はご予算的にお店全体を作品にすることはかなり厳しい。
けれど、なんとかお父様の働く姿をとどめておける様なデザインのご提案をしたい。

送って頂いた写真たちとにらめっこ。

写真の中で、特に引き付けられたのは「お父様の道具箱」

写真を見ているだけでも伝わってくる、使い込まれた、歴史さえ感じる存在感のある道具箱。
ご依頼主から伺った、量販店では、ほとんど行われることのない、トンカチで自転車のゆがみやへこみを丁寧に叩いて直す職人仕事のエピソード。
真剣な、そのまなざしまでも想像できる。

「お父様の道具箱」

これを中心にすえよう。

ご提案したところ、もう一つご希望があった。

お店の看板もなんとか残したい。

そりゃそうですよね。
いつも当たり前にあった、屋号も入った大切な看板。
やりましょう。

私は作品の構想を練る際、物語がないとイメージがまとまらないのです。

そこに暮らす人。
そこで繰り広げられる日常。

その物語のヒントを得るために、ご依頼主には可能な限り多くのエピソードを箇条書きでいいから書き出してくださいと
お願いしています。そのすべてを作品に作りこむことは無理だけれど、大切な思い出のエピソードを
何も知らないままでは、物語は描けない。
私なりの物語を描くことで、ご依頼主の心の奥底に眠る思い出をよみがえらせる力が作品に宿る。
そんな気がするのです。

ご依頼主に、お店の看板と道具箱をメインにしたデザインのラフ画をお見せして、了解を頂き制作に取り掛かることに
なりました。

制作過程は次回、お伝えしたいと思います。

さて、皆さんにはどんな物語がありますか?
大切な思い出のストーリーをミニチュアドールハウスで残してみたい。
そう思われた方は、まずホームページで詳細をご覧ください。

現在、ミニチュアドールハウスRU*NAでは、私の思いに共感し、仕事を手伝いながらプロ作家を目指して学びたい方を募集中です。”お問い合わせフォーム”より連絡ください。

メルマガを始めました。
ご登録はこちらからよろしくお願いいたします

関連記事

  1. 文豪ゆかりの築100年の古民家制作

  2. 「雨のバス停」~バスを待つ旅人のお話~ ミニチュアオーダーメ…

  3. 文豪ゆかりの築100年の古民家制作 その2

  4. ミニチュアオーダーメード制作事例・美容院店舗

  5. 文豪ゆかりの築100年の古民家制作 その3

  6. 個展開催終了しました♪ 時空を超えるミニチュアドールハウス展…

お問い合わせ

お知らせNEWS

2021年10月17日
【新情報】ユニチャームのハンディワイパー「ウェーブ」のCMに出演
2021年7月16日
7月21日~23日展示会を開催します (八王子市内 京王線高尾山口駅前)
2021年7月15日
NHKプラスで7/22PM7時迄視聴可:NHK「所さん!大変ですよ」(7/15放送)、銭湯のミニチュア制作エピソード
2021年5月16日
高尾山の麓エリアで、アート村を始める物件を求めています
2021年3月13日
メルマガを始めました
2021年3月13日
アーティストサポーター募集
2020年12月5日
12月5日火曜日の夕方のNHK首都圏ネットワークの中で生中継