お父様が長年営まれて来た店舗の行燈をミニチュアで残すご依頼

2代に渡っ営まれて来た割烹料理屋さんを閉店されるお父様へ、サプライズプレゼントをしたいということで、お店のシンボル的な存在だった行燈のミニチュアの制作のご依頼を頂き制作させて頂きました。沢山、お店のエピソードを聞かせて頂いて、自分なりのストーリーを描きながら制作させて頂きました。お父様にも、依頼者である息子さんにも、喜んで頂けて、とてもやりがいのあるお仕事でした。

お客様の声

依頼者である息子さんから頂いた声
私が頭の中で思い描いていたものを形にしてくださり、本当にありがとうございました。 最初は写真を送ってただ制作を依頼するだけなのかなと思っていましたが、お店の歴史や行燈の意味などを丁寧に聞いていただき、 私としてはあの時点で谷本様に依頼して良かったと感じていました。 今後も私のような思い出を形にして残したいという人たちのために活動を続けていって欲しいと思っております。

関連記事

  1. 地元で愛されたお風呂屋さん

  2. 企業からの依頼事例

  3. 築100年の古民家

  4. ハリネズミカフェからの依頼品

  5. 保育園旧園舎を残そうプロジェクト

お問い合わせ

お知らせNEWS

2021年10月17日
【新情報】ユニチャームのハンディワイパー「ウェーブ」のCMに出演
2021年7月16日
7月21日~23日展示会を開催します (八王子市内 京王線高尾山口駅前)
2021年7月15日
NHKプラスで7/22PM7時迄視聴可:NHK「所さん!大変ですよ」(7/15放送)、銭湯のミニチュア制作エピソード
2021年5月16日
高尾山の麓エリアで、アート村を始める物件を求めています
2021年3月13日
メルマガを始めました
2021年3月13日
アーティストサポーター募集
2020年12月5日
12月5日火曜日の夕方のNHK首都圏ネットワークの中で生中継