築100年の古民家

築100年を超えるツタが絡む存在感のある建物。やむなく解体されたご実家を、姉妹で、それぞれひとつずつ持ちたいと制作依頼を頂きました。亡くなられたおじい様が地元の名士で、島﨑藤村をはじめ、教科書に登場するような文豪が、訪れていたそうです。

お客様の声

納品のため、依頼者のご自宅にお持ちしたところ、作品を見るなり、ああ、確かにこんな建物だった!とても懐かしい!と、満面の笑顔で喜んで下さいました。

関連記事

  1. 保育園旧園舎を残そうプロジェクト

  2. ハリネズミカフェからの依頼品

  3. 地元で愛されたお風呂屋さん

お問い合わせ

お知らせNEWS

2021年3月13日
メルマガを始めました
2021年3月13日
アーティストサポーター募集
2020年12月5日
12月5日火曜日の夕方のNHK首都圏ネットワークの中で生中継