講演活動

” 講演活動 ”を行っております。

人生に無駄なことは
1つとしてない、必ず光がある

私はこれまでに様々な喪失感や失うかも知れない不安などを体験してきました。
その経験を同じ様に辛い思いをされている方の役に立てられないか考えてきました。そのような思いから2つの活動を現在行っています。

1つ目の柱が、ミニチュアドールハウス作家として、「人の心に寄り添える作品つくり」

2つ目の柱が、人様の前でこの体験をお話させて頂くことで、人生に無駄なことは1つとしてない、必ず光があるという事をお伝えする活動です。

ご希望の所へ出張講演に伺います。

※講演内容、時間、講演料及び交通費はご相談に応じます。

講演活動

kouen_2

kouen_4


これまでの講演:
「志しを語る会」アフタースクールカフェ主催
日野市モーニングフォーラムでの講師
ホンキの手作り作家創業塾 NPO法人エンツリー主催
八王子「経験者は語る会」での講師(大学生・社会人対象)

◎ 略 歴

生まれ:大阪府岸和田市 — 4姉妹の長女として生まれる

中学1年:当時会社経営していた父が連鎖倒産
家族で夜逃げ、兵庫県相生市へ。この時アルバムなどの思い出の品々を失い、友人との連絡も取れなくなる。

親戚の家の2階で半年近く間借り生活。食べるものにも不自由する生活を経験する。

平成元年:結婚して東京へ

3人(女、女、男)の子供を授かる

平成11年:自宅の隣地がゲリラ豪雨により崩落(20m)

近隣住民と共に体育館へ避難、ひと夜を不安のうちに過ごす。

その後、復旧までの間約11ヶ月に渡り3ヶ所で仮住まいを転々とする。

平成13年:次女(当時8才)が登校時の交通事故により他界

約10ヶ月後、自分の中で気づきが生まれる。

娘は、生まれる時、神様より、8才なったら帰されると言われていたに違いない。

家族想いでよく笑う子だった娘の分も笑って過ごしたい。そして自分が自分らしくいられる場所としての作家活動を決意。自分の経験を生かして人の役に立ちたいと願う。

平成25年:ミニチュアドール作家として起業

 


 

 様々なご要望にお応えしています

・大切な場所、思い出のシーンのオーダー制作
・世界にただひとつの贈り物 ・実在のカフェ、ショップ等をモデルにしたミニ店舗
・フライヤー、TVCM等の撮影セット
・病院内待合室等でのリラクゼーション

お気軽にお問い合わせください。

ミニチュアドールハウスRUNA ミニチュアドールハウスルナ
東京都八王子市横川町